So-net無料ブログ作成
検索選択

ソウルの名曲聴き比べ

私が初めて、ボビー・ウーマックディープな歌声に触れたのは!邦題名(我が魂の故郷)という1976年のアルバム。店主!おススメだったので発売されて直ぐに買った。彼にとってオリジナルなアルバムとしては通算10枚目にあたる。この頃からか・・・ロックから次第にディープなソウルミュージックに心が傾いたのは・・・しかしながら、当時の社会情勢からみれば無理もないが、数だけみればロックに比べて圧倒的に国内での発売は限られていた。

2005年に紙ジャケになって国内で初CD化された。そういえば、翌年の2月にAmazonでカスタムレヴューに能書きを書いた事もあったっけなぁ・・・。結局、紙ジャケは手に入らずじまいだったが、何と!何と久しぶりにサイトをみてみたら、驚きの価格設定で新品が48万6824円だって!しかしながらオリジナルに、こだわりがなければ彼の場合は類似した編集盤も数多く出ている事だしね。私もここ3年間はCDの購入も極端に少なくなった。

RIMG1713 (800x600).jpg

若い頃に、このアルバム以前のミニット、リバティ時代の輸入盤LPが、どうしても欲しくて東横線で渋谷の芽瑠璃堂に休日の度に足を運んだ覚えがある。当時は船便経由なんで、たまたま入手すればラッキーだったし輸入盤は値段も高かった。中でも1971年のCommunicationというアルバムはジャケのカッコ良さに惹かれ、お店で試聴させてもらって即購入した覚えがある。

RIMG1712 (800x600).jpg

やはりこのアルバムだと!何といってもこのバラードナンバーだね。イントロから鳥肌が立ったよ。



その何年か、後にリリースされたOVライトのモノはそれ以上に興奮した!!。勿論、ディープなゴールドワックスの時代が最高なんだけど、ハイ時代のも捨てがたいのだ。



何と、この名曲!カルヴァン・リチャードソンという若手のR&Bシンガーも唄っているんだぁ。1972年生まれだとか・・・・。この曲と、たった一年しか違わない。驚きです。今時のシンガーにしてはディープで唄心あります。
後日このアルバム買う事に決めました。
















nice!(27)  コメント(22)  トラックバック(0) 

nice! 27

コメント 22

mimimomo

おはようございます^^
好みの歌をたっぷり聴かせて頂きました~w
by mimimomo (2014-06-01 10:24) 

don

ごぶさたしてます。
渋いですね。ボビーウーマック。
3人の中ではやっぱりボビーウーマックのが一番インパクトあるかなぁ。


by don (2014-06-01 11:52) 

亀仙人 タカヨシ

矢張りオリジナルに勝るものなし!って感じッスね。
てか渋いっ!

by 亀仙人 タカヨシ (2014-06-03 20:54) 

DEBDYLAN

ボビー、素晴らしいですね!!
久しぶりにじっくり聴きたくなりました。

by DEBDYLAN (2014-06-03 23:05) 

老年蛇銘多親父

70年代の初め、確かにソウル系の作品、日本では希少でしたね。

日本でソウルの作品が店頭に出回ったのはモータウン・レコードが出した諸作品がきっかけだったように思います。

私はこの頃,ジャズの方に流れてしまったのでソウルはあまり聴いてはいませんでしたけど、ボビー・ウーマックのようなサウンドは好みですね。

なんとなく、マービン・ゲイにも似ている(その逆かな)ようにも感じますけど、こういったサウンドが後のAORにも繋がっていったのではなどと考えてしまいました。
by 老年蛇銘多親父 (2014-06-04 06:14) 

ミスカラス

mimimomoさん
こんばんは!ソングライターでもある彼は他にも素晴らしい曲が数多くあります。この曲は、個人的にバラード系の中では一番好きかな。


by ミスカラス (2014-06-04 19:08) 

ミスカラス

donさん
そうですね。彼はキャラ濃いですからね。インパクトありますよ。
でもタイプは違いますが、OVライトも忘れずにね。この人はクドさよりも、独特の塩辛さがあります。ドラマチックで芝居がかったこの曲が大好きです。
In to Something


http://youtu.be/v7ZNAtyv9_E





by ミスカラス (2014-06-04 19:25) 

ミスカラス

亀仙人さん
オリジナルといえば・・、ミニット、リバティー、それとUA時代~年代でいうと、1960年代後半~1975年迄のアルバムが、ユニバーサルから1296円で発売されてますね。おそらく国内盤の方が音質は優れていると思います。AmazonでCommunicationのアルバムもありました。
by ミスカラス (2014-06-04 21:31) 

ミスカラス

DEBOYLANさん
どの時代がお好きなんでしょうか?
80年代に入ってからの一連のPoetシリーズで、彼は絶頂期に入りましたね。
従来のソウルファンだけではなくて、ロックファンからも熱い支持を受けたし、アダルトなブラックコンテンポラリーな世界に、その当時、私も酔いしれましたよ。
by ミスカラス (2014-06-05 19:08) 

ミスカラス

老年蛇銘多親父さん
そうですね。その当時、メジャーレーベルでいうとアトランテイック系よりも、ポップな感覚が色濃いモータウン系の方が数が多かったですかね。
始まりは私もロックですね。最初からソウルミュージックとかブルースは、やはり・・・しんどいと思いますよ.少しづつ感化された感じですね。その当時は、オーティス・レディングとかジェームス・ブラウン等はピンときませんでしたよ。最初に聴いたソウルミュージックって、おそらくジュークボックスでのテンプテショーンズのマイガールだったかな。
by ミスカラス (2014-06-05 19:25) 

DEBDYLAN

『POET』シリーズを大学時代に通ってた楽器屋の店主に聴かされて、
けっこう気に入りました。
それまでは「IT'S ALL OVER NOW」のオリジナルの人ぐらいの意識しかなくて^^;
なんで『POET』シリーズじっくり聴き直したいなぁ。

by DEBDYLAN (2014-06-06 00:09) 

ミスカラス

おはようございます。
Poetシリーズのアルバム、ギタリストとしての彼の才能も再確認できるアルバムですね。その前のアルバム、1979年のアリスタレーベルのRoad of Life!。軽快でファンキーなダンスナンバーがお好みでしたら、このアルバム等もおススメですね。このアルバムと、CBSでの我が魂の故郷&Picesの以上、3枚をカップリングしたアルバムAmazonで、1474円で発売されてました。

Road of Lifeでのこの曲が最高です。
語りが・・アァアァ!ベイビー

http://youtu.be/0A9SSImXdpU
by ミスカラス (2014-06-08 10:22) 

いらっしゃーませキムドク

久々にすばらしい曲ばかり拝聴できました。
感謝いたします。

かしこ
by いらっしゃーませキムドク (2014-06-12 06:30) 

ミスカラス

こんばんは!キム・ドクさん
貴重な映像がありました。
キム・ドク(戸口)が、アメリカマットでタイガー・チャン・リーのリング名でハルク・ホーガンと試合をした画像です。

はたして結末は!!。
http://youtu.be/8u3UBwqsaN8


by ミスカラス (2014-06-12 19:32) 

don

亡くなられましたね。ヤフーのエンタメのトップニュース扱いでした。
ここで聴いたばかりでしたが。

合掌(-人ー)
by don (2014-06-28 13:05) 

ミスカラス

今、拝見しました・・・。数年前の最新アルバムも声に張りがなくて、体調とか心配していたんですがね。ショックですね。
by ミスカラス (2014-06-28 14:58) 

こうし

去年billboard-live東京に行っとけばよかったーと
ただ今大後悔中です 合掌
by こうし (2014-06-28 20:57) 

ミスカラス

そうですね。彼の弟のセシル・ウーマックも去年亡くなっていたんですね。
by ミスカラス (2014-06-29 16:58) 

MONSTER ZERO

以前の拙記事にも NICE 頂き恐縮です!
ボビー御大亡くなりましたねぇ。。。。また1人大事な方がいなく
なってしまいました。。。。(涙)
by MONSTER ZERO (2014-08-26 12:53) 

ミスカラス

MONSTER ZEROさん
ボビーという名は素晴らしいシンガーが多いですね。
ボビー・ブランド、ボビー・パターソン、ボビー・キング、それと!ザップのメインボーカルで、ソロアルバムでのボビー・グロバーのこの曲が大好きなのです。



http://youtu.be/rNyP-LA7ZJE



by ミスカラス (2014-08-28 19:41) 

MONSTER ZERO

ありましたねぇ!
BAD BOBBY GLOVER!
確かに、BOBBYさんは素晴らしい方が多いです。。。ボビー・キングと言う名前には感動しました!

とりあえず、BOBBY繋がりで、この方も次点で?(笑)

https://www.youtube.com/watch?v=ny-g9dYVP74
by MONSTER ZERO (2014-09-10 09:03) 

ミスカラス

おぉ!カッチョよいね!。親分より子分の方が良いというブログがありました。イヤイヤ~子分は、ある意味スッキリしてますね。私も体調によっては、こっちの方に気が向く事もあるかもしれません。
ファンクモノの女性の中では、リン・コリンズなんかも好きですね。
by ミスカラス (2014-09-10 19:18) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL:

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。