So-net無料ブログ作成
検索選択

ハメハメ ハハハハ

歴史的にみても、日本人とラテン音楽の関わりは長い。演歌や歌謡曲にも少なからず影響を与えてきたのは確かな様だ。

発禁エロ・ラテン・ソングを唄っていながら、ギラギラした毒々しいエロサを感じさせないのは、この方の人柄なんだ。

その名は「おじゃまします!」で人気者だった南州太郎さん・・・尊敬してます。演奏だってエキサイティングでモダンな感覚に溢れて垢抜けている。この世代の方々のダンス・ミュージックといえば!!ラテン音楽がベースになっているなって事が改めて思った次第。

最高!!ハメハメ ハハハハ[黒ハート]

埋め込み無効がとても悲しいのです。・・・・スイマセンおっと埋め込み可能でした。こちらの不手際だったのでした。






世代は違っても・・私が初めて熱いラテンの血を体感したのは、70年代ニューミュジックマガジンの記事の中で河村要助さんが紹介したプエルトリカン移民のNYラテン・コミュニティのファニア・オール・スターズのライブ・アット・チーター!!.演奏する側も聴衆の熱気も半端じゃない。音源だけでなくその様子は、当時ドキュメンタリー映画のOur Latin Thingの中で拝見出来るのは・・とても嬉しい。アルバムの中でも、この曲が一押しEstrellas de Fania(ファニアの星)。



Amazonでも数年前までは中古でも高値だったファニア・レーベルのアルバムも、最近・・音源がリマスターされてから容易に入手出来る様になった。今まで高値の花だったウィリー・コロンのデヴュー・アルバムELMALOも同様である。何たって,バンド・リーダーでトロンボーン奏者の彼の年齢が録音した当時16歳というから驚きである。アルバムのタイトル曲を唄っているエクトル・ラボーだって20代前半だというのに・・・ヴォーカル・ナンバーもインスト・ナンバーもスリリングで、熱い[雷]熱い[雷]








この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。